コンドームとアフターピルの薬
もしあなたが避妊を失敗し、望まない妊娠の可能性が生じたらどうしますか?そんな緊急避妊薬として最後の手段であるアフターピル。万が一が起きてしまう前に知っておくべき情報をご提供します。

もしもコンドームが破れたらアフターピル

性行為中にコンドームが破れて精液が漏れた、コンドームを装着していたけど、正しく装着しているか不安で妊娠の可能性があるといった場合に使用されるのがアフターピルです。
低用量ピルは多くの女性に認知されているホルモン剤ですが、アフターピルを知っている女性は4人に1人とされ、ほとんどの女性がその存在を知らないと言われています。
アフターピルは緊急避妊に用いられるホルモン剤で、高濃度のホルモンを体内に投与することで、受精や着床を不可能にする方法です。
ピルの飲み方について、性行為のあった翌日の朝に飲むことから、モーニングアフターピルとも呼ばれ、高い確率で避妊が成功します。

主に使用するのは中用量ピルのためホルモン量が多く、服用すれば体への負担が大きく副作用が出やすいデメリットが存在しますが、避妊の最終的な方法となっているため、望まない妊娠を回避するために利用する人も多数います。
アンウォンデット72アフターピルはいつ飲んでも問題がないわけではなく、性行為があった時間から72時間以内が限度とされ、それ以降では着床する可能性が高まるので早めに飲むことが大切です。
避妊率は72時間以内で80%程度ですが、24時間以内に飲めば90%の確率と高まるため、避妊が失敗したと感じたら早急に対処をするようにしましょう。
入手法は低用量ピルと同じく、市販はされていないので、産科、婦人科に行って処方してもらう必要があります。
早く飲めばそれだけ期待ができるので、避妊が失敗して慌てて購入できる場所を探す前に、予め処方してもらえる産科、婦人科を調べておくと良いでしょう。
アフターピルには確実性はないので、通常の避妊方法とは考えず、あくまでも避妊の最終手段として考えておきましょう。

数字から見るアフターピルの効果

朝、モーニングアフターピルを飲む女性性交後72時間以内に使用することで、高い避妊効果を発揮すると言われるアフターピルは、性交後すぐに服用することで成功率が95%以上にもなると言われています。
120時間以内でも避妊できる可能性はあるとされますが、それでは70%以下となるので産婦人科では推奨されない方法です。
72時間がタイムリミットとされるのは、受精から着床までの時間と密接な関わりがあるためです。
アフターピルを服用すると、体内のホルモンバランスを著しく変化させ、子宮内膜が剥がれ落ちることで消退出血を起こし、着床を避ける効果があります。
これによって避妊が成功するわけですが、消退出血が起こるまで最低でも3日間は必要となります。
性行為によって受精し着床するまでの期間が7~10日間となっているので、性行為から72時間経過してアフターピルを服用すると消退出血が起こるまでが6日間となり、着床するまでの期間にギリギリとなります。
その結果、避妊が失敗する可能性が高まるのですが、早めに服用するとそれだけ消退出血が起こるまでの期間が短くなり、着床する可能性が格段に低くなります。
また、排卵日の前後でアフターピルを使用すると、すぐには消退出血が起こせないので、排卵を抑制することで受精を難しくさせます。
こうしたことから、アフターピルを服用してから消退出血が起こるまで、最短で3日かかり、長ければ3週間は必要となります。
アフターピルの避妊成功率としては、12時間以内で95%、24時間以内で90%、48時間以内で85%、72時間以内で80%前後となっており、数字から見れば高い成功率に見えますが確実とは言えないので、間違いなく避妊をしたい場合は12時間以内での使用が最も良いでしょう。

アフターピルの服用について

アフターピルには、中用量ピルを服用するヤッペ方法と、緊急避妊用の薬を飲む方法の2種類あります。
ヤッペ法は、主に中用量ピルのプラノバールを服用します。
避妊に失敗した性交後、72時間以内のなるべく早い時間にプラノバールを2錠服用します。
吐き気などの副作用が現れる場合が多く、嘔吐する人も少なくありません。
服用後、短時間のうちに嘔吐すると、薬の成分が吸収されないため、再服用が必要です。
吐き気どめが処方される場合もあります。ヤッペ法は、ピルを2回服用する必要があり、2回目は1回目の12時間後に、同じく2錠服用します。
緊急避妊用に開発されたノルレボ錠は、1回の服用で済むアフターピルで、性交後72時間以内に2錠服用します。
副作用は少なく、嘔吐することはほとんどありません。
また、もしアフターピルを服用したのに妊娠した場合でも、異常妊娠になったり、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないとされています。

知っておきたいこととして、ピルは血栓ができやすくなるという副作用があります。
これは女性の体が妊娠状態になることでおきる症状なので、リスクの高さも妊婦とほとんど変わりませんが、初期症状を見逃してしまうと脳梗塞になる可能性もあるので、医療機関で初期症状などに関するカウンセリングを受けて、早期発見によって脳梗塞などを防ぐ必要があります。
ピルは服用を継続的に行わないと血栓ができやすくなるので、勝手な判断で中止と再開を繰り返すと脳梗塞などになる確率が非常に高くなるので医師の指導にもとづいて薬を服用して、ふくらはぎの痛みや腫れが出た場合にはすぐに医療機関を受診して適切な治療を受けなければなりません。

関連記事はこちら