コンドームとアフターピルの薬
もしあなたが避妊を失敗し、望まない妊娠の可能性が生じたらどうしますか?そんな緊急避妊薬として最後の手段であるアフターピル。万が一が起きてしまう前に知っておくべき情報をご提供します。

アフターピルの相場と個人輸入について

アフターピルの相場は日本で数年前まで用いられていた中用量ピルを2回服用する方法で行った場合には1万円ですが、吐き気や嘔吐などの副作用が強いので吐き気を止める薬も同時に服用する必要があります。
現在では副作用が少ない新型のアフターピルを用いて緊急避妊を行いますが、この場合の相場は2万円程度なので中用量ピルよりも高く設定されています。
新型の薬は薬価が高いので相場も高く設定されていますが、吐き気などの副作用がほとんどないので、苦痛を感じずに緊急避妊をすることができます。
アフターピルは緊急避妊を目的とした避妊薬なので、何度も繰り返して服用することができません。
また1錠あたりの単価が非常に高いので継続的な避妊をする場合には低用量ピルを用いたほうが安全性とコストの面でメリットが大きくなります。

アフターピルは日本国内では医師の処方箋がなければ購入することができない処方薬です。
そのため、必ず一度病院に行かなければなりません。
それなのになぜ通販で購入できるのかというと、海外で販売されているアフターピルを個人輸入という形で購入するためです。
日本国内では自分で使う分であれば海外から個人輸入した薬を服用することは問題ありません。
海外からの個人輸入ならば病院での診察費なども不要なため、送料を入れても数千円で済みます。
また、自宅に送られてくるので病院に行く時間がとれない時にも安心です。
しかし、アフターピルを個人輸入して使用する際には注意点があります。
それは服用が自己責任になるということです。
服用したことで何らかの副作用が起こったような場合にも自己責任となってしまいます。
さらに使用方法はすべて輸入元の国の言葉で書かれているため、服用の仕方などもしっかりと理解しておく必要があります。

関連記事はこちら