コンドームとアフターピルの薬
もしあなたが避妊を失敗し、望まない妊娠の可能性が生じたらどうしますか?そんな緊急避妊薬として最後の手段であるアフターピル。万が一が起きてしまう前に知っておくべき情報をご提供します。

アフターピルやIUSで自律神経の乱れを改善できる?

避妊の方法には様々な種類があります。
その中でも日本で最も普及しているのが「ピル」です。
ピルにはホルモン剤が含まれており、体内の女性ホルモンバランスを一定にキープする働きがあります。
女性は女性ホルモンバランスが変化すると排卵を起こします。
ピルを服用すると体内の女性ホルモンバランスが、妊娠中と同じ状態となり、排卵がストップする為、正しく服用すれば100%の確率で避妊の効果を得られるのです。
また、避妊目的だけでなく、自律神経失調症の治療にも、ピルが用いられるケースがあります。
自律神経失調症は交感神経と、副交感神経のバランスが崩れる病気です。
身体的・精神的に様々な辛い症状を起こします。
交感神経と副交感神経は、女性ホルモンの影響を受けやすい為、ピルを服用し女性ホルモンバランスを整えてあげると、自律神経失調症も快方に向かうと考えられます。
ピルの他に女性が行える避妊方法として、挙げられるのがアフターピルやIUSです。
通常のピルは毎日服用を続け、排卵を止める事によって避妊の効果を得ます。
一方、アフターピルは性交渉後に服用し、避妊の効果を得るピルです。
アフターピルは服用すると、急激に体内の女性ホルモンバランスを変化させます。
子宮内膜を剥がし人工的に生理を起こす事で、受精卵の着床を防ぐのです。
通常のピルよりも避妊率は落ちてしまいますが、万が一の為にアフターピルを常備するのも良いでしょう。
IUSは新しい避妊法で、避妊具を子宮に挿入します。
子宮内膜が厚くなるのを防ぐ作用や、精子が子宮に入るのを妨げる作用により、避妊の効果を発揮します。
1度、IUSを行うと最長で5年間は、避妊の効果を得られる点が特徴です。
アフターピルやIUSでは、自律神経失調症を治療する事はできません。

関連記事はこちら