コンドームとアフターピルの薬
もしあなたが避妊を失敗し、望まない妊娠の可能性が生じたらどうしますか?そんな緊急避妊薬として最後の手段であるアフターピル。万が一が起きてしまう前に知っておくべき情報をご提供します。

ジェネリック医薬品への理解を深める

日本におけるジェネリック医薬品の普及率は、2011年度の調査によると2割強程度とされています。
同じ調査において7割を超える国が多く見られた事から考えても、日本における普及率は高くないと言えます。
そもそもジェネリック医薬品は承認申請には合格し易いという側面があります。
有効成分については基本的に等しく、副作用等に関する臨床データが先発薬において蓄積されたジェネリックについては、薬剤としての安定性や血中濃度に関する基準をクリアすれば承認が行われるからです。
一部の特許が残っているケースが多い事から薬剤外装の違い・形状の違い等が見られるケースが殆どで、最短の審査では済まされない事が多いのです。
また新薬開発と特許に支えられた販売は、先発薬の開発業者においては大きな収益源です。
その為先発薬の開発企業は法律等のルールが許す範囲で、新たな特許を追加する等して権益を守ろうとする場合があります。
こうした場合には当然、ジェネリックの開発や審査は遅れる事となります。
更にジェネリックが開発される場合には、当該する薬剤に対する期待値が高い場合には複数業者が同時開発・申請を行うケースがあり、個々の審査に時間が掛かるようになる場合も考えられます。
こうした様々な状況が複合する事が、ジェネリック医薬品が簡単に承認されない理由となっているのです。

ジェネリック医薬品が他の医薬品と何が違うかというと、ほぼ何も違わないといわれてます。
ジェネリック医薬品が買われる理由は、まず第一に医薬品の生産コストが低くなるために、消費者もその薬自体の単価を下げることができ経済的な負担が減らせると言うことです。
そのため、薬局などで処方箋を渡す際やお医者さんに言ってその薬のジェネリック医薬品がある場合容易に変更することもできます。
医薬品の値段が抑えられるということは、患者にとって非常にメリットの高いことだと思います。
しかし、同じ成分のジェネリック医薬品でも成分が100%同じというわけではないために、変えて体の異常を来たすことが極稀にあります。
ジェネリック医薬品がいくら安いといっても、同じ効果を得られなければ意味がありません。
もしジェネリック医薬品を選択する場合は、病状や効果を定期的にお医者さんに知らせる必要があり、もし問題がある場合はすぐに医薬品を普通の先発医薬品に戻してもらう必要があります。
それでもジェネリック医薬品を選択するならば、お医者さんの意見や薬剤師さんの意見もよく聞いておく必要があります。

関連記事はこちら