コンドームとアフターピルの薬
もしあなたが避妊を失敗し、望まない妊娠の可能性が生じたらどうしますか?そんな緊急避妊薬として最後の手段であるアフターピル。万が一が起きてしまう前に知っておくべき情報をご提供します。

授乳中でもアフターピルの服用を続ける?

アフターピルは、セックスの際に避妊に失敗し妊娠したくない場合に、急きょ服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬です。
独身同士のカップルはもちろん、夫婦であっても一人目を出産後に落ち着いて夫婦生活を始めたいという夫婦にとっても、すぐに妊娠してしまうのは母体にも負担がかかりますのでリスクが高いといえます。
そのため、避妊に失敗後に72時間以内に服用し、数日か3週間以内に消退出血と呼ばれる出血が見られれば妊娠を回避できたことになります。
ただし、あくまで妊娠中でも授乳中でもないことが前提です。

アフターピルに限らず、低用量ピルの服用の場合にも、服用したのであれば授乳を続けるのは避けた方が良いといえるでしょう。
ピルには、母乳の分泌を抑制する作用があるほか、もしピルを服用した後に授乳をして赤ちゃんに健康被害が出てしまったらそれこそ元も子もありません。
アフターピルは緊急避妊薬ですので、まずは妊娠を回避することが先決になりますので、服用した際は授乳はせずに薬効が切れるまで可哀想ですが赤ちゃんにはミルクで我慢してもらうようにしましょう。

低用量ピルの場合は、わざわざ母乳が出ているのにその母乳を止めてミルクにしてまで低用量ピルを服用するというのは問題があるといえます。
本来、母乳が出るのであればお母さんからの免疫がもらえて病気になりにくいなどの利点から赤ちゃんが1歳を過ぎるまであげた方が良いとされていますので、無理に母乳をあげないで低用量ピルで避妊をするのではなくコンドームを使用して避妊をするのが望ましいでしょう。
授乳期間が終われば低用量ピルを服用することも可能ですので、工夫して避妊することをおすすめします。

関連記事はこちら